和歌(うた)で結ばれた順蔵と龍馬うたでむすばれたじゅんぞうとりょうま

安田町の歴史的人物の一人・髙松順蔵と、坂本龍馬は親戚関係にありました。
髙松順蔵は文武両道でありながら芸術への関心も深く、その中でも「採樵歌」という二千首余の和歌集を自らが編纂し残しています。坂本龍馬もまた和歌に通じており、二人のルーツに高知の歌人・井上好春がいることから、和歌を通じて二人の文化人としての一面に焦点を当て、交流のあった人物も合わせて紹介します。
名称
和歌(うた)で結ばれた順蔵と龍馬
(うたでむすばれたじゅんぞうとりょうま)
開催日時
2022(令和4)年7月2日(土)~10月30日(日)
9:00~17:00(最終入館16:30)

休館日: 火曜日(祝日の場合その翌営業日)
開催場所
安田まちなみ交流館・和
安田町 大字安田1674番地1
料金
200円
(高校生以下および障害者手帳提示者等は無料)
お問い合わせ
安田まちなみ交流館・和
電話 0887-38-3047
最終更新日 2022年06月13日