吉川染工房の仕事と絵金展よしかわそめこうぼうのしごととえきんてん

高知の伝統を受継ぐ匠
香南市香我美町にある吉川染工房の五代目・吉川毅氏が制作した伝統工芸品の土佐凧やフラフとともに幕末の絵師・金蔵の作品も展示します。一枚一枚手作業で作る匠の技を、ぜひこの夏ご覧ください。
名称
吉川染工房の仕事と絵金展
(よしかわそめこうぼうのしごととえきんてん)
開催日時
令和6年7月27(土)~8月25日(日)
9:00〜17:00(最終日は15:00まで)
※月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)
開催場所
いの町紙の博物館 2F展示室
( 〒781-2103 高知県吾川郡いの町幸町110-1 )
料金
大人500円、小・中・高生100円
※10名以上の団体:大人400円、小・中・高生80円
※65歳以上の方は、年齢確認できる証明書提示で250円
駐車場
無料(大型3台、普通車50台)
交通アクセス
車:伊野ICから車で約10分
鉄道:土讃線伊野駅下車、徒歩約10分
路面電車:とさでん交通路面電車「伊野終点」下車、徒歩約10分
お問い合わせ
TEL:088-893-0886 / FAX:088-893-0887
ホームページ
http://kamihaku.com/
FacebookURL
https://www.facebook.com/inochokaminohakubutukan
最終更新日 2024年06月07日