武市半平太旧宅及び墓たけちはんぺいたきゅうたくおよびはか

武市半平太旧宅及び墓
幕末に活躍した武市半平太(土佐勤王党党首。1829~1865)の旧宅。もとは藁葺屋根であったが、現在は銅板で、間数6室、客室は8畳で柱に半平太が字を刻んだ痕がある。墓は、旧宅前を南に進んだ瑞山神社上の丘陵にある。

国指定史跡文化財
名称
武市半平太旧宅及び墓
(たけちはんぺいたきゅうたくおよびはか)
所在地
781-0112 高知市仁井田3021
駐車場
無料
普通車5台
お問い合わせ
高知市教育委員会民権・文化財課
電話:088-832-7277
ファックス:088-831-3378
最終更新日 2016年04月18日