野中兼山墓のなかけんざんはか

江戸初期の大政治家・野中兼山の墓
兼山は2代藩主山内忠義の下、1631年(寛永8年)から30年にわたり執政として、土佐藩の基礎となる様々な改革を断行した。晩年は強引な手法や過酷な夫役などへの反発から失脚し、1663年(寛文3年)急死。墓所は娘・婉の建立による。高知市指定史跡文化財。
名称
野中兼山墓
(のなかけんざんはか)
所在地
780-8014 高知市塩野崎町
料金
無料
休日
無休
駐車場
交通アクセス
高知自動車道高知ICから、車で15分
JR高知駅下車、徒歩30分
とさでん交通バス「兼山通」下車、徒歩5分
とさでん交通 路面電車「梅の辻」下車、徒歩15分
お問い合わせ
高知市教育委員会民権・文化財課
電話番号:088-832-7277
FAX番号:088-831-3378
ホームページ
http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/90/cas-city-3400100.html
最終更新日 2022年06月01日